講座のご案内

スユアの森 イトモシリ自然学校では、自給菜園向きの講座を開いています。
標高850~900mの八ヶ岳西南麓で、山間地における自然農の栽培技術をお伝えしています。

自然農の田畑では、肥料や農薬を使わずに、耕されない自然の野山のような豊かな土の上で、多種多様な草や虫と共に作物を育てます。このような自然に沿い従う自然農の栽培では、作物は本来の生命力を発揮し、力強く、野性的に育ちます。自然環境に問題を招くことなく、自然の恵みを受けとる技術を学んでみませんか?

初心者の方には栽培技術のほか、自然農や作物、農具についてもわかりやすく丁寧に教えています。
田畑において作物やたくさんの生きものたちと向き合う中で、自然界と人のちょうど良い関係について考える機会にしていただければ幸いです。

2017年の講座はこちら。
昨年は一年お休みしましたが、今年度は心機一転、全講座を統合した「イトモシリ研修生」を募集します。

野草組(春のコース)

当校の田んぼの土手は、山野草の宝庫です。食べられるもの、薬になるもの、染料になるもの、かごなどの材料になるもの・・・。野草組では貴重な在来種を含む多様な植物が生育する井戸尻地域の生物多様性を守るために、草刈り機を使わず、草を見分けながら手作業で草を刈ります。特定の植物でその場が占められないように、地形に沿った環境改善と手入れで植生の多様性を目指します。また、豊かな自然からの恵みを生活の中に取り入れるために、野草を採取して利用の仕方を学びます。

集合日 毎週水曜日(5/3はお休み)
4/5、12、19、26、5/10、17、24、31、6/7、14、21、28
作業時間 午前9時~12時(暑い時期は多少の変更あり)
場所 当校水田地域(富士見町井戸尻)
参加費 全12回 一人18,000円
(全回参加が基本ですが、毎回の都合が付かない方はご相談ください)
対象 ①生物多様性、里山の環境再生に関心がある方。
②山野草とその利用に関心がある方。
③自然の中での作業で、さわやかな汗を流したい方。(足腰を鍛えたい方)
その他 毎回野草のお持ち帰りができます。特に春は山野草の種類が豊富でヨモギ、ツクシ、スギナ、
セリ、フキノトウ、フキ、カキドウシなどの野草が旬を迎えます。
作業は無理のないように行いますが、汗をかくぐらいの結構いい運動になります。

※ お申し込みはお電話にてお願いいたします。
※ 遠方よりお越しの方は、自炊宿泊施設「ありがとう地球ハウス」をご利用ください。

一覧へ ▲

イトモシリ研修

八ヶ岳西南麓の富士見町井戸尻の豊かな自然の中で自然を見つめ、生きものたちを見つめ、自分を見つめる。この場所の自然、生きものたち、集う人々と共に、毎週の作業(ランドケア、採集、栽培)を通して、自然界の一部としての人の調和的なあり方を探求していきます。

○環境再生 ・・・ 不自然な農地の環境を改善し、本来の水の流れ、空気の流れを取り戻します。
       この土地本来の豊かな生態系の復活を目指します。
○採集生活 ・・・ 大地の恵みを給わる野草、木の実などの採集。その手入れから利用方法を学びます。
○栽培生活 ・・・ 自然農(耕やさず、無肥料、無農薬)で米、雑穀、野菜を栽培します。

日程は2017年3月23日(木)~11月末までの毎週木曜日と金曜日で約70日間です。
(5月と8月にお休みの週あり)

日程
曜日 内容
3 23 農地の環境整備、米の種もみ選別
4 6 野草採集、米の種まき、野菜の種まき
5 11 野草採集、雑穀・野菜の種まき、米の育苗、外来種駆除、土手草手入れ
6 1 田植え、大豆の種まき、雑穀・野菜の手入れ、田んぼの水管理
7 6 田の草の手入れ、雑穀・野菜の手入れ、土手草手入れ、生きもの観察会
8 3 田んぼの管理、秋冬野菜の畑の準備
9 7 秋冬野菜の種まき、枝豆収穫、土手草手入れ
10 5 雑穀収穫・脱穀、米収穫、木の実採集、縄文祭
11 2 米脱穀、土手草手入れ、田畑の整備、作物の保存・加工・貯蔵
時間 午前9時頃~午後3時頃(暑い時期は若干変更あり)
場所 長野県諏訪郡富士見町 境と井戸尻
費用 一人年間18万円
講義、実習費、実習地、種の一部、農具の貸出含を含みます。
各自の実習地で採れた作物は、お持ち帰りいただけます。

※ お申し込みはお電話にてお願いいたします。
※ 遠方よりお越しの方は、自炊宿泊施設「ありがとう地球ハウス」をご利用ください。

一覧へ ▲


TOP